2016年03月22日

梁勇基負傷、私は茂木に期待する

 先日のグランパス戦で負傷退場した梁。案外の重傷で4、5週間の離脱となったとの事。今シーズンもここまで、精力的な前後への移動と、巧みなパスワークを見せてくれたいただけに、ベガルタとしては痛いこと極まりない。とは言え、起こってしまったことは仕方がない。しっかりと療養してほしい。

 梁の長期離脱は、あの2012年シーズンの冒頭以来か。もっとも、当時の私の懸念は外れ、その負傷回復以降、梁は以降4シーズン、ACLを含め、元気に活躍してくれた。やはり「鉄人」だったのだ。
 ただし、梁にとって、昨シーズンは相当過酷なものだった。北朝鮮代表としてアジアカップに出場し、ほとんどオフなくリーグ戦に突入。何のかの言って、ほぼフル出場してくれた。さらに天皇杯にも勝ち残っていたため、12月末までシーズンが続き、非常に短いオフでの今シーズン入りだった。つまり、梁はほぼ2シーズン休みなしで戦ってきてくれたのだ。
 そうこう考えると、今回の負傷離脱は、天の配剤と考えるべきなのかもしれない。梁はまだ34歳、モチベーションが続く限りは、あと何年も何年もベガルタのためにプレイしてくれるはずだ。梁勇基と言う選手は、我々にとって、そのような存在なのだ。
 休むときはじっくり休み、少しでも、少しでも、長く我々に歓喜を提供してほしい。ずっと、ずっと、リャンダンスを踊り狂いたいのだから。

 だからこそだ。私は茂木に期待する。
 次節以降のスタメンは、奥埜を中盤に下げ、金園かハモンがトップに使われるのが常識的な予想か。いや、ベテランの野沢や水野、中堅の藤村や椎橋も、定位置確保に意欲満々だろう。いずれの選手も、私たちにとって貴重で重要な選手たちだ。でも、梁が倒れた際に、昨シーズン序盤のように奥埜と茂木が並んで戦ってくれたら、とにかく嬉しいではないか。特に、茂木にとって純粋なライバルである後輩の佐々木匠が、U19の遠征で不在。茂木はここで目立たなくて、どうすると言うのだ。
 昨シーズン開幕からスタメンをつかみ、技巧とふてぶてしさを活かしたプレイを見せながら、次第に地位を失った茂木。ツェーゲンにレンタルされた直後は、そこそこ活躍したものの、課題のボールの受けが改善されたなかったのか、次第に出場機会を失ってしまった。
 そして、このオフには、意味不明のアイスランドのクラブチームへの練習参加。代理人が間抜けなのか、本人がナニなのかやよくわからないが、真冬にアイスランドはないだろう(笑)。加えて、(アイスランドのサッカー関係者には甚だ失礼ではあるが)アイスランドリーグは、たとえ暖かい時期だとしても、18歳でJ1にデビューできた若者が1年後に挑戦すべきリーグとは思えない。欧州に行けばいいというものではないのだ。

 まあ、いいさ。茂木は我々の元に帰ってきた。そして、梁不在。頼むよ。
posted by 武藤文雄 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/435424995

この記事へのトラックバック