2007年06月06日

五輪予選国立マレーシア戦

 以前も述べたが、新しいメンバだけを並べた編成で試合を行なっても、あまり有効とは思えない。最終予選進出を事実上決めた以降の、今日を含めた予選3試合をうまく使って、中心選手と新しい選手の組み合わせを試すべきだったのだ。
 もっとも、何とも不経済な強化が継続しているのを認識しつつも、人材の豊富さを考えると問題なく本大会には出場できるだろうなと思うのもまた確かなのだが。

 ともあれ、何人かの選手について。

 まずやはり小椋だろう。立ち上がりバタバタしていた日本だが、小椋が頻繁にボールを触るようになってから、すっかり落ち着いた。運動量も豊富で、DFがボールを持つとすぐに顔を出す。ボールを持った選手への指示もよく出していた。A代表における鈴木啓太を思い出させてくれるプレイ振りだった。小椋交代以降、日本の攻撃が機能しなくなってしまったが、なぜ反町氏は小椋を交代させてしまったのか。五輪代表のこのポジションは、青山敏と本田拓が争う形になっているが、小椋が割って入る可能性は十分あると見た。小椋のプレイそのものが、この日の最大の成果だろう。もっともホーリーホックでのプレイ振りを考えれば、この程度はできて当然か。2次予選に向けて、どのような強化体制が組まれるか不明だが、本田圭、家長、水野らと一緒にプレイする機会を与えてやりたい。小椋の挙動開始点はより後方ではあるものの、豊富な運動量と丁寧なボールタッチによるゲームメークに、かつての前田秀樹を思い出したりして。

 長友の闘志あふれる前進も収穫だろう。先制点も見事だったが、突破の1対1も強く、守備の激しさも中々。ただ、このポジションは3DFで戦う以上は事実上水野で決定だし、4DFでサイドに2枚選手を並べるとしても、水野の後方に配する選手の候補としては、内田と(負傷離脱中だが)北斗がいる。大学でプレイしていると言うのも、実績を積むと言う意味では不利になる。そのハンディをどう乗り越えるか。

 腕章を巻いた細貝も上々の出来だった。この選手の一番のよさはプレイ選択の的確性にある。ボールを奪ってから前に上がれると判断するや、一気に押し上げる動きなど大したものだ。元々は中盤の選手でセンタバックもサイドバックもこなせると言うが、非常に多様性のある選手だと思う。実際、レッズでも五輪代表でも起用された試合ではいずれも上々のプレイを見せていた。ただ、この選手は所属チームのレベルが高過ぎて、試合出場の機会が少ないのが悩み。闘莉王と坪井はさておき、ネネ、堀之内、内舘より序列を上げるのは相当厳しいか。レッズはこの逸材育成のために、レンタルを考えるのも一案だと思うのだが。

 上田の左サイド起用も、このチームにとっては重要。これによって本田圭をもう1列上げる事が可能になる。この日は長友の意欲のせいか、攻撃が全体に右寄り偏重になってしまった傾向があったものの、局面ではよいプレイ振りだった。この選手は地味だが、Jでの実績、左足の精度、粘り強い守備など、もっと注目されてよい存在だと思うのだが。

 そして萬代。
 一言で語れば、ベガルタでできない事は、五輪代表でもできないと言う事だ。前半2回ドリブルでフリーで抜け出した場面は、いずれも抜け出す最初のボールタッチがやや外側に行ってしまった。そのために、シュートの角度がなくなってしまった。もちろんシュートそのものもGKとの駆け引きに課題があるのだけれども。後半、枝村のスルーパスで抜け出した時のトラップミスは論外。そして、残念ながらそのような僅かなミスは、今期(プレイのレベルが一段上がったのは確かだが)まだ見受けられるもの。残念だが、まだまだと言う事だろう。
 確かに、プレイ振りそのものは、そう悪いものではなかった。よく動いてボールを引き出していたし、高さも速さも技術もそれなりのものがある事はアピールできたと思う。
 しかし、それだけではダメなのだ。今日のプレイではカレンや李忠成や菅沼と比較して上位に立てるかと言うと難しいだろう。平山に対しても優位を示したとは言えないのではないか。だから、点を取らなければならないのだ。PKを蹴らせてもらったのはそれだけ反町氏が期待している事だと前向きに捉え、今日の失敗を反省し、愚直に反復練習を繰り返して欲しい。
posted by 武藤文雄 at 23:44| Comment(5) | TrackBack(4) | 五輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
全然知らない選手ばかりだったので、萬代ばかり見てました。
結果、非常に残念です。
萬代は罰として、これからのベガルタの試合、毎試合2得点ノルマ!!
頼むよ、萬代。
Posted by ベガルタファン at 2007年06月07日 09:12
萬代初めて見ました。
そんな方は多かったはず。
反町さんは度々彼を呼んでて、
良さも欠点も把握してるのでしょうね。
平山の代替要員として・・
と思っていたが、だいぶとタイプが違う
昨日のように、前線で誰もためを作れず
1発狙いだけに終始してしまうと、
そしてそれを決めれないと、
悔いが残りますね。

代表初スタメン、初全国ネット?って、
心臓の音が聞こえてきそうでした・・・。
Posted by at 2007年06月07日 11:25
> 大学でプレイしていると言うのも、
> 実績を積むと言う意味では不利になる。
> そのハンディをどう乗り越えるか。

重箱の隅を突くようで恐縮ですが…。
大学はむしろ実戦経験を積みやすい場所だと思います。
関東大学一部でレギュラーを取れば、
リーグ戦だけで年に20試合強のチャンスがあります。
総理大臣杯、インカレなどカップ戦もあるし、
ユニバ代表なら国際試合その他があります。

Jレギュラー>大学レギュラー>サテ、じゃないでしょうか?
B契約、C契約の問題もあるし、
試合にすぐ出られないレベルの選手は
大学を選んだ方がいいように思います。
Posted by 党首 at 2007年06月07日 22:56
>一言で語れば、ベガルタでできない事は、五輪代
>表でもできないと言う事だ。

こんばんは、武藤さん。仙台在住のベガサポです。
萬代に関しては、その一言にに集約されてますね。
リーグ戦でもそれなりに点をとってはいますが、決定機の回数が去年より増えただけであって、フィニッシュの部分は入団当初から変ってないような感じがします。今後の彼の奮起と飛躍を期待します。
Posted by at 2007年06月08日 03:14
国立で萬代選手を熱烈応援してました。

>そして萬代。
> 一言で語れば、ベガルタでできない事は、五輪代表でもできないと言う事だ。

そのとおりだと思います。異論はありません。

萬代選手にはリーグ戦でしっかり結果を出し、もう一度、ジャパンのユニを着てもらいたいと思っています。
彼はいいものを持っている。そう信じています。
Posted by metoo at 2007年06月08日 09:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

u-22 マレーシア戦
Excerpt: サッカーU22、マレーシアに3―1 6戦全勝で終える朝日新聞北京五輪出場を目指すサッカー男子の22歳以下(U22)日本代表は6日、東京・国立競技場でアジア地区2次予選最終戦のマレーシア戦に臨み、3―1..
Weblog: 超最新NEWS
Tracked: 2007-06-07 12:20

u-22 マレーシア戦
Excerpt: U-22消化試合、マレーシア戦とりあえず結果に関しては分かりきったことなので今回のテーマは新戦力の台頭があったかどうかということで今日出場した選手それぞれの感想でもスタメンGK 山本海人→あまり出番が..
Weblog: ハウスクリーニングお掃除父さんの時事ネタニュース日記
Tracked: 2007-06-07 14:14

日本 3−1 マレーシア
Excerpt:  レッツゴー萬代萬代へい!  朝起きたら、携帯が立ち上がらない。  で、初仕事終わって、日本橋のソフトバンクモバイルショップ行ったら、どうやらただの電池切れらしい。なんじゃそりゃ。 お..
Weblog: KAMMY'S HOMEPAGE 写真館(livedoor移行中)
Tracked: 2007-06-07 22:44

佑昌は五輪代表トライアウト(マレーシア戦)に選ばれなくて良かったようだ
Excerpt: 二次予選突破を既に決定してるとはいえ、このマレーシア戦は北京五輪アジア最終予選の
Weblog: NETTARO BLOG
Tracked: 2007-06-08 02:32