2018年06月28日

ポーランド戦を前に

 ポーランド戦に向け、ボルゴグラードに向かうバスの中で。


 ポーランドと言えば、74年西ドイツワールドカップだ。

 私がサッカー狂になりかけていた中学2年生、言うまでもなく最大の憧れはヨハン・クライフであり、最大の尊敬はベルディ・フォクツだったわけだが、ポーランド代表も忘れられないチームだった。

 右ウィングのグジェゴシュ・ラトー(大会得点王)と左ウィングのロベルト・ガドハのスピードと突破がすばらしかった。ガドハの高精度CKを、飛び込んだ小柄なラトーがニアポストからヘディングシュートで決める美しさと言ったら。また、同大会で2本のPKを止めた長身GKのトマシェフスキも忘れ難い。

 82年のボニエクのチームもすばらしかったが、やはり私にとってのポーランドは、74年のチームだ。あれから44年、11ワールドカップが経ったのか。

 2002年の大会準備で、トルシェ氏が率いる日本が、高原と中田の得点で完勝したのは、記憶に新しい。当時は「あのポーランドに敵地で勝てるようになったのか」と感動したものだ。


 そして、きょうを迎える。

 先方がグループリーグ敗退が確定しての3戦目と言うのは、少々予想外だったが、レバンドフスキを抱えるチームが弱いわけがない。ここ20年来の日本代表の特長である、中盤での厳しく丁寧な組織守備で戦い切り、2次ラウンド出場権を獲得したいところだ。

 直前の監督交代劇と言う、合理的には説明しづらい人事もあった。

 一方で、元々今回のチームは、いずれのポジションも穴がない。02年はチーム全体の若さ、06年は左サイドと監督、10年は点取り屋、そして14年はCBと、チームとして弱みがあったが、今回はそれがほとんどない。多くの選手が複数年欧州のクラブで実績を積んでいるのも、それを裏付けている。これは、日本の津々浦々で、少年たちにサッカーを教えている我々の勝利とも言えるものだと、自惚れている。

またチーム全体のコンディショニングが上々なのも見事なものだ。特に負傷からの回復が心配されていた酒井宏樹、乾が間に合ったのみまらず、見事なプレイを見せてくれているのが、その典型となる。

今日の試合、ポーランドは、日本の攻撃の起点となっている柴崎をつぶすと共に、長友、酒井宏樹の両翼に人数をかけて押さえに来るだろう。そこを

どのように対処し、自分たちのペースの時間帯を増やすか。これまで、「秘密兵器」として隠していた?、武藤と大島をどのように使うのかも興味深い。特に、「武藤よ、頼むぞ」、私にワールドカップ本大会での、同姓の選手の得点と言う歓喜を味あわせてください。


 現地は猛暑とのこと。

 3試合目の選手たちには、相当厳しい条件となるだろう。けれども、彼らにすれば、今日の試合ほど、自らの誇りを発揮できる機会はないはずだ。我々も灼熱の中、でき得る限りの声援を送ります。

 がんばりましょう。 

posted by 武藤文雄 at 19:47| Comment(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はあ。
Posted by けねぷう at 2018年06月29日 14:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。