2018年12月31日

2018年ベスト11

恒例のベスト11です。ワールドカップで上々の成績を収めた年の選定は楽しい作業ですね。柴崎岳と乾貴士については、本当に迷いました、ワールドカップであれだけ美しいロングパスを2本通してくれて、あれだけ美しいシュートを2本決めてくれたのですから。ただ、あれこれ考えたときに、この2人は今年の11人ではないのかと判断したものです。それについては、近々整理中です。

GK.権田修一
このポジションはいろいろ迷ったのだが、年間を通じて最も安定していたのは権田ではないかと考えた。若いころから日本を代表するGKになるのではないかと期待されていたものの、いくつかの不運に見舞われ続けもう29歳。アジアカップに向けて、定位置を確保できるか。私はベガルタサポータだからシュミットの定位置確保を期待しているが、レベルの高い争いは大歓迎だ。
DF.酒井宏樹
紛れもなく世界屈指の右サイドバックであることを、ワールドカップで見せてくれた。落ち着いた粘り強い守備能力と、効果的で変化あふれる攻め上がり、それに加えてGK川島のパントキックを高さで制圧したのも忘れ難い。この選手は、もう2歳若く欧州に出ていれば、いわゆるメガクラブの定位置まで行かれたのではなかろうか。
DF.冨安健洋
井原正巳、中澤佑二を凌駕する可能性を持つCB。守備能力の高さ、単純に跳ね返す強さと高さ、その能力を活かし自分の担当地域を抑え込む判断の妙、ロングパスの精度、持ち上がって展開する能力。富安(と同世代の堂安律)を見ていると、逸材はこの年齢で欧州に出る方がよいと言う、身も蓋もない現実に突き当たるのだが。まずはアジアカップ制覇を。
DF.昌子源
ワールドカップでの1試合ずつの成長、特にセネガル戦ニャンに苦戦しながもの、どんどんと対応能力が向上していくのには感動した。それがACL制覇時の冷静なプレイにつながったのではないか。そして、とうとう欧州に挑戦、富安とは異なるタイプのCBとして、読みとカバーリングの妙が充実していくことに期待したい。
DF.長友佑都
セネガル戦の1点目につながるトラップは、日本サッカー史に残る絶妙なボールコントロールだったのではないか。ロシアでは、ブラジルで見せられなかった知性の冴えを発揮してくれた。スピードが少しずつ衰えるかもしれないが、ポジションを上げるなどして、まだまだ活躍して欲しい。
MF.長谷部誠
サッカーで最も大事なのは、技巧でもフィジカルでもなく、知性だと言うことを、改めて示してくれたのがワールドカップでの長谷部だった。
MF.三竿健斗
ACL制覇の原動力であり、紛れもなく国内屈指のMF。クラブワールドカップにも三竿がいれば、状況は相当好転したのではなかろうか。短い時間帯ながら、マリ戦、ウクライナ戦で素晴らしいプレイを見せたものの、経験不足?から、ワールドカップの23人に入れなかったこのタレント。不運にも、今度はアジアカップを負傷で棒に振ってしまった。このポジションは同世代に、遠藤航、守田英正、大島僚太らがいるが、三竿の実績は彼らに勝るとも劣らない。
MF.中村憲剛
今なお国内最高峰のMFとしてJに君臨する。「憲剛が引退したら、フロンターレはどうなってしまうのか」との心配は、今は昔、憲剛は愛するクラブを、自らを中心に国内トップレベルの選手がズラリ揃う最強のクラブに成長させた。もはや憲剛の貢献はサッカーにとどまらない。京浜工業地帯、東京のベッドタウンとして発展してきた川崎と言う都市にアイデンティティを提供、サッカークラブがホームタウンにいかに貢献できるかまでを証明してくれた。
MF.原口元気
現在日本最高の選手と思うのだけど、どうして自分のクラブでも代表でも冷遇されているのだろうか。驚異的な上下動後にもう一仕事できる格段の脚力と技術。しかも、ワールドカップでは、本来の左サイドではなく右に起用されてのあの貢献だった。それにしても、森保監督の失礼とも言える控え扱いの中(いや、中島翔哉も素晴らしい選手ですけどね)、アジアカップでどこまでのプレイを見せてくれるか、おそらく一番頼りになる選手だと思うのだけれども。
MF.家長昭博
若いころから将来を嘱望されていた逸材が、とうとう最適な仕事場を見つけた感がある。それが、中村憲剛、大島僚太、小林悠などの豪華絢爛たる選手たちの間で、芸術を発揮しながらバランスをとる仕事だったとは。トリニータでの中盤後方の将軍、アルディージャでの前線で王様は、仮の姿だったのか。
FW.大迫勇也
ロシアワールドカップでの日本の躍進は、コロンビア戦の大迫のターンから始まった。あの1回のプレイで、日本は先制し、コロンビアは1人減り、他国はこのフォワードのマークに神経を使う事になった。最前線で格段のキープ、ターンしては鋭い技巧で前進。このワールドカップの活躍で、間違いなく日本サッカー史上最高のフォワードとなった。ただ、サポータは贅沢なもの、日本サッカー史上最高のストライカになって欲しいのです。50年前の背番号15のように。もう少し、ゴール前で肩の力を抜きさえすれば、大迫にはその地位が、我々にはアジア王者再臨が、それぞれ勝手についてくる。

ちなみに、吉田麻也は最後にクルトワの邪魔をしなかった年なので、選ぶのは麻也に失礼と考えたものです。
posted by 武藤文雄 at 19:23| Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。