2007年07月23日

「選手交代」をもう少し考えた

 昨日、オシム氏の選手交代の慎重さについて講釈を垂れた。その後、もう少し「選手交代」について考えてみた。

 考えてみると、オシム氏の前の2人の代表監督も「選手交代の遅さ」は共通しているところがあった。その過程に大きな違いはあるように思うが。
 トルシェ氏は、果断で鮮やかな交代をする事があったが、時々「どうして動かないのだ」と言う時があった。例えばワールドユースの1/16ファイナルのポルトガル戦やシドニー五輪の準々決勝合衆国戦など。私は、トルシェ氏は優秀な監督だとは思っているが、「日によって選手交代の調子がよい時、悪いときのムラが多かった」と、理解している。ただこの方の場合は、チームの流れが悪くなると「ベンチで凍った」かのように動けなくなってしまうようにも見えたのだが。
 ジーコ氏の選手交代振りはわかり易かった。「このまま事態が推移すべきと考えた時は動かず、このままでは拙いと考えた時は果敢に動く」と言う事だ。ただ、この方の場合は試合に入り過ぎて我を忘れている印象もあったのだが。
 さてオシム爺さん。この方は比較的万能型の選手交代を振るうはず。かの爺さんがPK戦時にロッカールームに引きこもる事を決心した、旧ユーゴスラビア−アルゼンチン戦。ディエゴのマークのサバノゾビッチが早々に退場になり、灼熱のフィレンツェ(もっとも日差しは強烈そのものだったが、湿度はハノイに比べれば...)で昼間の試合だったにも関わらず、交代はベテランのスシッチに代え、若きサビチェビッチを起用したのみ。我慢に我慢を重ねて、ディエゴを後一歩まで追い詰めた。一方ジェフ時代に獲得したナビスコカップの決勝では、延長の可能性が高かったにも関わらず、3人の交代カード全てを用いて勝負に出た事もある。また、ジェフでは不甲斐ないプレイをした選手を前半の時点で代える選手交代を見せたのも記憶に新しい。その爺さんが、あそこまで慎重に豪州戦を戦い抜いた真意はどこにあったのか。負けない事の最優先か、川口への絶大なる信頼か、寿人ならば15分あれば点を取るだろうと言う期待か。
 いや、何を言いたいかと言うと、「選手交代に対する邪推」は、愉しいと言う事なのですが。

 もう1つ。「選手交代の成功」とは何だろうか。
 例えば、昨年W杯の豪州戦。交代で出てきたケーヒルやアロイージオに点を取られたが、なるほどヒディング氏の選手交代は見事だっとしか言いようがない。ドイツワールドカップ予選の埼玉北朝鮮戦、終盤交代出場した大黒がロスタイムに決勝点、確かにジーコ采配大当たりと言うしかないかなとも思う。
 では、あのジョホールバル、岡野の投入は、どう考えたらよいでしょうか。確かにあの感動的なVゴールを決めたのは岡野だった。しかし、あの感動に至るまで岡野はいったい何回決定機を外しただろうか。一方で、岡野だからこそ、あの決定機を掴めたと言う反論もあるかもしれない。しかし、私はあの延長戦に入った時間帯の岡田氏の決断は、やはり間違っていたのではないかと思う(今さらしつこいか)。しかし、あの岡野の起用がなされた延長戦で、我々は未曾有の歓喜を獲得したのもまた事実なのだ。
 もちろん選手交代とは、得点を狙ってのものだけではない事は言うまでもない。しかし、交代の成功あるいは失敗を定義するのも、また難しいものだなと。
posted by 武藤文雄 at 23:30| Comment(8) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ジェフの交代は、羽生の怪我→工藤、山岸→水野、ポペスク→林。
PKは阿部、水野、工藤、林までがオシムの指名で最後は巻。結果的に疲労が少なく技術的に優れている選手が初めの方にPKを蹴ることになったのも作戦の一部だと当時思っていた。

だから、今回も俊輔、遠藤、駒野はある時間帯からPK職人枠として交代させなかったのだろうと思った。
いずれにしろ、オシムはPKを気にし過ぎて、逆にひき寄せている気もする(苦笑)。
Posted by アロハ at 2007年07月24日 01:21
ジェフの時も基本的には交替カードを切るのは遅いほうでした。
前半でミスをした選手を変えたりしたのは特例でしょう。
Posted by at 2007年07月24日 09:48
はじめまして。

私はあの延長戦に入った時間帯の岡田氏の決断は、やはり間違っていたのではないかと思う>>
ちょっと待ってください。あの試合本当に覚えていらっしゃいますか?

あの時、イランはA組最終戦までこの試合への出場が確定しなかったので、マレーシアのジョホールバルに乗り込んだのは前々日でした。対して日本は6日前に乗り込んでました。その上、一般的に日本の方がイランよりも比較的東南アジアの気候に強いです。

実際、正規の試合の終盤になると日本以上にイランは疲労の色が濃くなり、イランのDFラインの後ろにスペースが出来ていました。

それで、岡田監督は勝負に出て、俊足の岡野を出場させたのです。理にかなった交代だと思います。

実際、延長戦ではイランは動けなくて、再三岡野スペースを突きチャンスを作り出しました。

ただ、誤算だったのは仏W杯アジア最終予選で、岡野はずっと控えでただの一度も出場していなく、本人曰く『外にいる時は感じなかったプレッシャーが重くのしかかった。中にいる(レギュラー)奴らはこの中でプレーをしていたのか。正直恐怖を感じた』(原文から加工。但し文意はこのような感じ)と事でした。

それで、再三のシュートミスや1対1なのに中田英寿へ弱気なパスを出して失敗するなどしたのです。

ですから、岡田監督の岡野起用は間違っているとは思えません。理にかなっていると思います。
それにあのみんながプレッシャーに追い詰められていた土壇場で岡野選手の内面まで、考えて起用するのは不可能でしょう。

あと、トルシエは親善試合などではあくまでもテストとして積極的な選手交代をしていましたが、本番では動かない監督でした。ここぞという所で固まってしまうのが欠点でした。
Posted by 仏W杯アジア第3代表決定戦日本対イラン戦をビデオで見返したらどうでしょうか? at 2007年07月24日 12:56
>あの試合本当に覚えていらっしゃいますか?

だから武藤さんは『あの岡野の起用がなされた延長戦で、我々は未曾有の歓喜を獲得したのもまた事実なのだ。』書いてるでしょ。
そういった結果論を理解した上で悩んでいるのだからちゃんと文章を呼んでから意見を出すべきじゃない?
Posted by ひろ at 2007年07月24日 17:37
あのあのばかりで読みにくい。
結果をみるか過程をみるか他人の心情を妄想するか人それぞれ。
とりあえず昔のビデオを引っ張り出して、監督の思惑と選手の戸惑いを邪推しよう。
観客の我々はとってもらくちん。
好き勝手に妄想できてわめいてそれしかできないのだから。
Posted by 肉 at 2007年07月24日 19:43
このところのオシム監督の交替は「とりあえず羽生」が多いです。
でもオーストラリア戦後半のあのべた引きで羽生を投入してもかき回すスペースがない。
寿人は裏を取るのに優れていますが、これも動き回る空間がない。あの時点で中盤とFWを替えない方が点が取れそうだと思っていたのでは。
さらに時間が進むとさらにオーストラリアが疲れてきて、動けなくなって、寿人が使える空間が出来てきたので投入した。そう思います。オシム監督に好意的すぎる解釈でしょうか。
Posted by 水谷秋夫 at 2007年07月24日 21:49
上から3番目のコメントで岡野の交代についてグダグダ書いてる方は、
これ↓を読んで出直してきてはいかがかな?
http://hsyf610muto.seesaa.net/article/37594700.html
Posted by at 2007年07月24日 22:50
武藤さん7月連続更新お疲れさまでございます。

シドニー五輪のアメリカ戦、敗戦が決まった直後のテレビに映ったトルシエの
何とも言えない情けない顔が今でも忘れられません。
僕も、どうして動かないんだトルシエと思ってみてましたが、
あれは自分でも無力感にさいなまれていたんだと思います。
トルシエの限界が見えた試合でした(嫌いではないのですがね)。
Posted by とし at 2007年07月24日 22:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック