2007年09月12日

忘れられない1日

 自国の首相ともあるべき人が、職を放り投げると言う異様な日だった。そのような意味でも長い人生の中で記憶に残る日だ。しかしサッカー狂としては、未明のTVと夜の国立競技場と2つの歓喜を味わえたと言う意味で、忘れ難い日となった。

 と言う事で、ダイジェスト的に2試合を振り返っておく。
 
 まずはA代表スイス戦。
 前半のスイスの精力的な攻守にはビックリ。特にオーストリー戦をよく研究していたのだろう。中村と遠藤に対するプレスは厳重を極め、巧みなオフサイドトラップで日本に攻め手を作らせない。
 そして何と言っても左サイドバックのマニンの強力な攻撃力。序盤日本が少しの時間帯攻勢を取るも、マニンの好クロスからCKを取られ、それをしのいだところで稲本がゴール前で反則。そのFKを当のマニンに決められる。さらに直後マニンのクロスからPKを奪われ2−0。その後もマニンの適切な攻撃参加は、日本の組織守備を悩ますのみならず、ちょうど対面に当たった中村が後方に引っ張られると言う意味でも、非常に有効。前半は、スイスのプレスとマニンの攻撃参加に押しまくられた印象があった。
 ところが後半、スイスは腕章を巻いていたマニンを交代。これで日本は楽になる。そして、闘莉王が再三の前進。稲本の上下動と合わせて、日本はペースを取り戻す。加えて、スイスもさすがに前半はオーバペースだったのだろうか。中盤のプレスが機能しなくなる。となると、中村が息を吹き返す。松井が奪ったPKは中村が中央フリーで前進し、右に展開するフェイントを入れた後に松井にパスを通した。中村があれだけフリーでプレイするのは、アジアカップのベトナム戦以来か。そして、精度の高いパスをうければ松井のドリブルは極めて有効に機能する。面白かったのは、1度中盤の守備がおかしくなってしまうと、スイスと言えども中村を全く捕まえられなくなってしまう事。まあ前半の飛ばし過ぎもあったのだろうが。かくして、光り輝く中村を軸に3点を連取し逆転。その後の点の取り合いも面白かった。
 両軍の稠密な組織守備が、後方からの強力な攻撃参加(マニンと闘莉王)で崩れるものなのだなと改めて感心。

 そして五輪代表カタール戦。
 本田圭の出場停止により、反町氏は伊野波を左DFに回し、水野と家長を両翼に配する4−3−3(水野と家長は相当下がるので、4−5−1とも言える)。水野と家長と言う攻撃的ウィンガ、内田と言うよいサイドバックがいるチームなだけに、4DFで戦うのはある意味では当然なのだが、ここまでそのテストがほとんど行なわれず、勝ち点3がどうしても必要な本予選で難しいとも思われるホームカタール戦で、ぶっつけ本番なのが何とも味わい深い。そして、ぶっつけ本番を即興的に何とかこなしてしまうのだから、選手達は凄いな。
 開始早々の決勝点。水野がFKをニアに蹴り、青山直と若森島がファーに開いてできたスペースに梶山が飛び込み完璧なヘディングシュート。梶山がフィジカルの強さが発揮された。あれだけ巧くて、敵の意表をつくプレイができて、しかも打点の高いヘディングを決められる。梶山と言う選手の素質が再認識させられた試合ではあった。反町氏が固定して使いたくなる気持もわかる。でも、その後の展開の拙さを考えると、う〜ん。単に好みの問題なのかなあ。
 梶山同様固定化している事に再三疑問を呈してきた本田拓。食らった警告は2本とも無意味なもの。1本目は敵FW1枚に自分を含めた守備者が3枚、しかも後方をカバーしているのは大黒柱の水本だったのに、どうしてあんな無茶な当たり方をしたのか(それも自陣近くで)。2本目についても気持はわかるが、1枚もらっている選手がやるプレイではないな。Jの選手ならば、毎週のように黄色や赤を出すのが大好きな審判にもまれているのだが。まあ、本田拓のおかげで、あれだけ興奮する試合を堪能できたのだが...
 と言う事で10人になり、しかも各選手にサウジ遠征の疲労が出てからは、本当に興奮した。ロスタイムの5分の本当に長い事。「予選はこうでなくてはいけない」と言うプレイの連続。昨日、「入場料が高過ぎる」と述べたが、あの娯楽を堪能できたのだから、3000円の投資は安いものだった、と言う事になるのだろうか。MVPは、あの足で防いだ山本にやりたかった。
 それにしても、あの終盤の苦しい時間帯、何故、ボールボーイ達はタッチ外に出たボールをすぐにカタールの選手に渡すのだろうか。
posted by 武藤文雄 at 00:00| Comment(41) | TrackBack(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スイスは前・後半で全く別のチームのようでしたね.

オーバーペースでガス欠だったようにも見えますが,むしろ選手交代によって,非常にコンパクトだった中盤のバランスが崩れたように思いました.キーマン・マニンの交代は勿論ですが,トップ下に入ったヤキンのプレ−が,中盤で攻守に精力的だったマルガイラツほど効果的でなく,それによって中盤のプレスが機能しなくなったと.

最終的に逆転できたのは見事でしたが,今後の日本代表は試合への入り方も宿題になりましたね
Posted by fatguy_slim at 2007年09月13日 02:43
女子のイングランド戦はスルーしてしまうんですか? A代表より五輪代表より興奮した試合でしたが…。試合のストーリーとしてはここ数年で最も涙が出ましたよ。なんといっても「ラストプレー」で追い付いたんですから。それもW杯で。……出来過ぎです。

日本サッカー史上で、ラストプレーで追い付いた試合があったのか、紐解いていただければ幸いです。
Posted by スルーパス at 2007年09月13日 02:54
「最低限の仕事はやってのける」反町さんはちょっとジーコに似ていますね。サウジもカタールもベトナムと引き分けるという運もあります。出場権も取れそうな感じがしてきました。でも、その先もジーコジャパンと似たような------
Posted by かえ at 2007年09月13日 08:34
もちろん、ダイジェストだけじゃないですよね?
Posted by at 2007年09月13日 08:37
A代表。1点目を取られたファウルは稲本ではなく闘莉王ですね。精神的な強さ?では良いと思うのですが、闘莉王にはDFの仕事もきちんとして欲しい。荒いと思います。他に誰がいる?と言われれば難しいですが、もっと良いDFになれるでしょうし。

私も女子W杯の試合には涙がでました。
これも「忘れられない」試合でしたが…
Posted by ポモナ at 2007年09月13日 08:40
>それにしても、あの終盤の苦しい時間帯、何故、ボールボーイ達はタッチ外に出たボールをすぐにカタールの選手に渡すのだろうか。

わははは。そこまで見てましたか(笑)。
梶山・本田拓については、完全に同意です。ちょっと困ったものです。

試合の後の選手の表情が、勝ったにしては曇っていたのが印象的でした。
カタール程度(カタールの皆さんごめん)だったら、チンチンにできるはずなのですから。
Posted by ベガルタファン at 2007年09月13日 08:56
とある掲示板への書き込み3件。

投稿者:●● 投稿日:2007年 9月13日(木)00時43分37秒

横のオジサン、うるさかったです。
シミスポのカントクやって下さい(笑)


--------------------------------------------------------------------------------
↓実況再現 投稿者:○○ 投稿日:2007年 9月13日(木)00時23分21秒

「バカっ!おまえっ!ボール渡すのが早いんだよっ!!」
「反町っ!ボールボーイに指示しろ!指示っ!」
「(交代時に)モシリマっ!歩け!(イエローもらってますよ・・と言われて)じゃあ転べっ!!」

ええ、誰とは言いませんが(笑)。


--------------------------------------------------------------------------------
ボールボーイにまで 投稿者:×× 投稿日:2007年 9月13日(木)00時10分7秒

ダメだししていた講釈師さまの絶叫を久しぶりに堪能しました(笑)
Posted by S at 2007年09月13日 09:31
>それにしても、あの終盤の苦しい時間帯、何故、ボールボーイ達はタッチ外に出たボールをすぐにカタールの選手に渡すのだろうか。

そんなの当たり前でしょ。
そんなマリーシアは真似しなくて結構。
Posted by それの何が悪いんだか。 at 2007年09月13日 10:11
ボールボーイ達はフェアプレイでGJ。
ホント、マリーシアは真似しなくて結構。

アジア相手でボールボーイ達の力を借りなければ
勝てないのなら、勝たなくていいよ。
反町の首を切っていまえばいい。
Posted by 豆 at 2007年09月13日 11:06
五輪代表とA代表のコンセプトが違いすぎて心配。いまさらだけど、もう少しオシムと方向性を共有できる監督にすればよかったのに。

でも、ほんと、五輪代表は何でジーコジャパンのようなひどい試合をするんだろう・・・。五輪代表の目的とあるべき方向性、とかを協会は考えてるんだろうか。。。
Posted by n at 2007年09月13日 11:29
とりあえずマリーシアって言葉を使ってみたい、という人が多いですね。
Posted by at 2007年09月13日 12:08
A代表の1失点目のFKは松井のファールです。
Posted by at 2007年09月13日 12:31
文章の楽しみ方が苦手な人が多いのかな・・・
Posted by at 2007年09月13日 13:07
五輪代表、前半のパスワークは素晴らしかったですね。
ゴールに結びつけばさらにファンタスティックでしたが。
このへんは反町の指導が反映されているのか否か。
Posted by at 2007年09月13日 13:26
ボールボーイの件

武藤さんの気持ちもわかるし、アジアごときクリーンに突破しろ…というのも分かる…(笑)。

ボールボーイと武藤さんと対面させてあげたい。

ボールボーイは自分が一生懸命仕事してるのに何故自分が怒られてるのかサッパリ理解出来ないのでしょうネ。
Posted by ランキン at 2007年09月13日 14:17
森島がロスタイムに相手右コーナー付近まで
ボールを追っていった時に、
文句をいってたように見えました。

僕はホームゲームですし、
10人で1点差のあの状況では、
たとえ数秒でも遅らせるのは自然だと思います。
あの運動量では呼吸を整える時間も貴重ですし。

ボールボーイは遅らせても良い状況を
理解してなかったのでは?
Posted by taka at 2007年09月13日 15:23
ボールボーイは、通例からして高校のサッカー部員とかですよね。にもかかわわらず、ピッチ内の状況を感じとらず、バカ正直に素早くボールを渡してしまう。
これは、マリーシアがどうこうというより、状況判断力の問題なのではないでしょうか。どうも日本のサッカー界では状況判断力が軽視されてる気がします。どんなにテクニックがあってもフィジカルが強くても、プレーの選択を間違えては勝てないのが、サッカー。
W杯オーストラリア戦も、選手たちの状況判断力がもう少ししっかりしていれば、最悪引き分けまでは持っていけたと思うのですが。

というわけで、カタール戦終了間際、家長の堂々たる鹿島りっぷりもまた、MVP級のプレーだったと思います。
Posted by 茉莉志亜 at 2007年09月13日 16:32
ボールボーイ
そんなところで、早すぎるなんて発言自体、日本サッカーの品格を落としているのでは??

どっかの国じゃないんだから、クリーンにいきましょう!
Posted by boku at 2007年09月13日 18:02
ここでボールボーイのくだりに反発している人たちは、
もしかしてプロレスの悪徳レフェリーのカウントみたいなのでも想像しているのでしょうか。
Posted by at 2007年09月13日 18:05
そもそも、ボールボーイにも中立を求めて、
審判のように、別の国の人を採用するきまりではないわけで。

ルール違反と、ルールの枠内の行為は別だとおもうんですが。
Posted by xyz at 2007年09月13日 19:22
私も見ていて「ボールボーイ、もっと時間つかえ!」って思ってました。
ボールボーイはイエローもらう心配ないんだから(仮にもらっても何の影響もないし)
それがホームってもんでしょ?
Posted by at 2007年09月13日 19:40
梶山大丈夫か?梶山ぬきでアウェイで戦うことを考えるとかなり怖いのですが・・・
Posted by j at 2007年09月13日 19:40
まあ、「ボールボーイの仕事は球拾いなんだから、拾ったらすぐに戻せ」ってのを杓子定規に実践することだけが品格だ、と思っている硬直思考の人間が多いのでしょうね。
観客がそんなレベルなので、国家代表が、監督の指示した通りに中盤でボールを回すことだけが目的化したようなチームになってしまうのも、あるいはしかたないことなのかもしれません。
指示を守ることが品格なんだそうですから。

かつてトルシエが「ルールがなければ道も渡れないのか、お前らは」と怒ったのも無理はありませんな。
Posted by at 2007年09月13日 20:11
Jリーグを普段見ている人なら、「ボールボーイがアウェイチームにすぐボールを渡して何が悪い?仕事熱心でいいじゃん」なんて思いませんよ。
Jも国際試合も見ないで、部活だけやってる人の発想ですね。

まぁ自分も部活やってたし、Jリーグでボールボーイにゆっくり持ってくよう指導してる大人を見て「えーっ」と思ってしまったわけですが。
Posted by si at 2007年09月13日 20:45
逆にこう考えるんだ
ボールボーイ達は不甲斐無い選手達に愛の鞭としてボール即出しを実行していたのだと!!
Posted by SASA at 2007年09月13日 20:56
いやいやかの少年たちが日本代表のサポーターとは限りませんよ(笑
密かにカタールやサウジベトナムなどを応援していたのかも知れませんし(笑

ボールボーイの方々は全く正しい行動をしたんだけど、それがヒートアップしたサポーターの感情と副わなかった、という話なだけのように思いますが
Posted by touri at 2007年09月13日 21:33
まぁまぁ、早く2点目を取ら(取れ)なかった弊害がこんな世界の片隅に現れて来ているということでしょうか。イライラしますよね。ジーコもソーリーも練習不足なんだなぁと、オシム代表組を見ていて改めて思います。アジアカップ期間からの練習の成果がスイス戦に出ていた気がしました!

だいたいそんなことよりも、角田信朗の国歌斉唱が図らずも意外と美声で感動的だったことが悔しいよ!(笑)
Posted by 恫喝くん at 2007年09月13日 22:10
たとえ、五輪出場はしても、監督は安倍のように辞任してもらいたい。代表監督は割の合わない仕事だし、山本みたいにNHKの解説者に戻った方がいいよ。
Posted by 徒然 at 2007年09月13日 22:28
ゆとり世代多いですね。
Posted by at 2007年09月13日 22:41
落ちてる硬貨も警察に届けるし、赤信号は絶対に渡らない人っているんだよね。
お人好しっつーか聖人っつーか。
海外旅行でパスポートとか盗まれる系の人。

高校サッカーでこのレベルなんだから代表の未来は決して明るくないね。
Posted by at 2007年09月13日 23:47
↑それとこれとは関係ないべ
話をそういう偽悪的というか、変な方向に持って行きたがる人っているよね。
Posted by at 2007年09月14日 00:21
ボールボーイとかどうでもいいしw

武藤さん自体、居酒屋談義の小ネタ的に書いただけじゃね?
みんな食いつき過ぎだろw
Posted by idiot at 2007年09月14日 00:52
書き込みが多いと思ったら、そんなことかw

国民性なんだろうな。
Posted by 五反田西口 at 2007年09月14日 01:42
ボールボーイについて以外のコメント。

次のカタール戦で引き分け以上だと、北京がぐっと近ずきます。その大切なカタール戦では、武藤さんが疑問符をつけていた二人のボランチが出場できないことになりました。というわけで、このチーム発足以来最大のテストが行われます。振り出しに戻るといっても良いくらいでしょう。

テストが失敗しているからテストが続くのだと思うのですが、成績はあがっているのでテストは成功しているのでしょうか?
Posted by ひき at 2007年09月14日 10:25
ボールボーイで国民性や代表論云々に持っていくのは野暮ってもんでさぁ。
何でもこじつけたがる単純な人って結構多いよねw
Posted by at 2007年09月14日 22:28
煽りにマジレスはかっこ悪いが、ちがうでしょ、

国民性云々はともかくとしてサッカーにおけるホームというのはそういうもんだろと関わる人全員が思っとくべきなんじゃねえの?

考えた結果、それでも早く渡すべきじゃねえと判断すればそれはそれでいいけど

この国はスポーツを「たかが」としか思って無くって「されど」の部分が抜けてる。
Posted by at 2007年09月15日 08:17
しかし、視聴率9.5%とは。
でも今の状況考えると真っ当な数字だと思う。
例えば、武藤さんの心の本拠地仙台で、
同じ時間に行われる田中の投げるイーグルス戦とU22代表戦。一つしか見れないならばどちらを見ますか?
と道行く人々に問うたら。まぁ言うまでも無く殆ど・・・。
あっ?ひょっとすると武藤御大はサッカー場に居ながら田中の様子見るかもしれませんね(笑)
Posted by 黄金鷲 at 2007年09月15日 11:55
五輪ってそこまでして出なきゃいけない大会なの?
Posted by at 2007年09月15日 19:37
2個のボールを投げ入れることで再開を遅らせて、素速くリスタートしたい相手を制したりなんかして(笑)
Posted by 19番ゲート at 2007年09月15日 21:53
講釈師様、最近ちょっとアップの頻度が少ないのが気になりますが、実はそれよりも誤字が多くなってきているのがもっと気になってます。気分良く読んでる最中、誤字にでくわすとテンポが下がります。推敲よろしくです。
Posted by 小野も中村も at 2007年09月16日 07:30
武藤さんが言い続けたお陰?か、梶山と本拓が消えましたね。良かったですね。
Posted by あお at 2007年09月18日 17:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

スイス戦
Excerpt: ちょっと仕事が煮詰まり気味だと自分に言い訳して、録画しておいた日本vsスイスの試
Weblog: Le cahier (ル・カイエ)
Tracked: 2007-09-15 13:06