2007年10月02日

ACLの充実あれこれ

 先日の協会会長、Jリーグ専務理事への批判を述べたエントリには、非常に多くのコメントをいただきありがとうございます。今日は、多くのコメントを読んで新たに考えた事、そして本質的な問題である「日程問題」について少々講釈を垂れたいと思います。

 何人かの方のコメントを読んでいて、ハタと思いついた事がある。Jリーグ専務理事は「サッカーの事をよく理解していないのではないか」と言う事だ。氏は慶應大卒業後三菱に加入しJSL選手だった事はあるが(さすがに氏のプレイまでは記憶していないが)、20代で引退しその後は社業に専念しており、サッカー界に公式に復帰したのはレッズの経営者として比較的最近と聞いている。レッズ社長時代の実績は優れたものだが、レッズのフロントには優れた方々が多数いるのもよく知られている。氏は彼らを巧みに使いながら、レッズをトップクラブに育てる事に成功したと言う事かもしれない。
 そう考えてみると、氏が「チャータ便を手配した程度でフロンターレの過密日程は何とか解決できる」と考え違いをしてしまった事は理解できる。さらに(レッズ時代と異なり)その誤りを訂正してくれるスタッフが周りにいなかった事で、今回の暴言につながったのではなかろうか(極論だが、ベストメンバ規定を知らずに発言した可能性すらある)。
 したがって、氏は今回の暴言について、フロンターレ関係者に謝罪さえすればよいのではないか。そうすれば、真のサッカー人達から軽蔑されている裸の王様になるような事はない。今回の失敗を反省いただければ、レッズの社長としての手腕は大したものだったし、今後も日本サッカー界のリーダとして多いに活躍してもらえるものと思う。

 ちなみに、「氏はJの利益代表なのだから、Jのための発言するのは正しい」と言う意見は、非常に危険である事を指摘しておく。例えば日程を調整する際に、AFCのACL部門や日本協会の強化部門に対し、「Jの利益」を主張するのは問題あるまい。しかし、日程が決まった後で「自部門さえよければ」と言うのは、トップに近い人間としては鼎の軽重を問われてしまう。もっとも、上記推測が当たっていれば、ご本人としては「自部門利益のみ」を主張したつもりはなかったのだろう。しかし、「サッカー的常識」から判断すれば、この狂的日程下では、ある種のターンオーバの適用は当然である。したがって、「サッカー的常識」所有者にとって、当該発言は「自部門利益のみ」の主張にしか聞こえないのだ。さらに自部門の中でも、フロンターレは「ルール遵守」をしているのだから、「Jのための発言」にすらなっていないのは、先回も述べた通り。

 それにしてもACLの日程は酷い。準々決勝から中1週間で、準決勝が行なわれる。結果的に極東同士、中東同士の戦いとなり、移動距離は少なくなかった。しかし、これは結果論。4チームが中東と極東を短期間に旅する日程になってもおかしくなかったのだ(ああ、でもそうなって欲しかった)。
 少なくとも3週連続水曜日に超長距離移動を含めた「後無きタイトルマッチ」を組むのは、あまりに非常識と言うものだろう。他国のリーグはACL参加クラブのために、リーグ戦日程を相当調整していると聞く。しかし、(おそらくいずれの国でも)シーズン真っ盛りの9、10月に3週続けてリーグ戦日程を調整するのは、至難の技だろう。
 ACLは素晴らしい大会だ。先週の等々力の悲劇を体験した人間のほとんどはそう思っている事だろう。この大会をより充実させて行くためにも、日程面の改善は重要である。そして、そのために日本サッカー界としても、J1チーム数の削減、天皇杯決勝元日開催の見直しを含めた、体制の抜本的改革が必要な事は、かねてから述べている通りである。

 レッズは韓国の強クラブ城南一和と戦う。先週の全北戦に続き、血しぶきの飛ぶような厳しい戦いになるだろう。まず第1戦、両軍は前半は予定調和のように守りを固めると思う。そして後半、城南は前に出てくるだろう。城南の圧力と、レッズのカウンタ。アジア最高レベルの激しい戦いの末、レッズが敵地で勝利するのを期待したい。
posted by 武藤文雄 at 23:30| Comment(24) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Kリーグの試合で元新潟・名古屋の安英学が城南DFの肘打ちを食らい、腎臓損傷の大怪我を負ったそうです。
レッズの選手たちには、勝利よりもまず無事に試合を終えられるよう祈りたいと思います。
Posted by at 2007年10月03日 15:07
犬飼さんは欧州三菱時代にスポンサーとして現地のクラブに関わってますけど。
それを元に浦和レッズを強いクラブにしたり、レズランドを作ったりしたのですけどね。

浦和憎しで書き散らかしてないで少しは調べたらどうです?
Posted by at 2007年10月03日 15:40

全体の論調は全然「浦和憎し」じゃないし(むしろその逆)、犬飼氏に関しても仮説に基づきつつ評価すべき点とそうでない点を分けて書いてるだけなのに、まるっきり読解できてないみたいですね。
一度「レッズ批判」と思いこんでしまったまま直情的に反駁するのはお門違いな上に、肝心の犬飼氏擁護の点でも百害あって一利なしだと思うよ。
Posted by at 2007年10月03日 16:09
↑×2
>浦和憎しで書き散らかしてないで

バカまるだし
Posted by at 2007年10月03日 18:26
> 犬飼さんは欧州三菱時代にスポンサーとして現地のクラブに関わってますけど。
> それを元に浦和レッズを強いクラブにしたり、レズランドを作ったりしたのですけどね。

この意見(事実)と武藤さんの書かれた内容は両立しますね。

Posted by at 2007年10月03日 19:54
アンチレッズ憎しで書き散らかしてないで少しはよく読んだらどうです?

あ、読めないのかw
Posted by at 2007年10月03日 21:17
日程に関してはこれが限界なんじゃないかと思います。ていうかチャンピオンチームはこれくらいになりますよ。どこのリーグも。
天皇杯の問題がありますけどね。しかし、これはJリーグだけでかえられるものではないし、いっそのことJリーグが天皇杯から撤退するしかないかと。

ACL第一回は鹿島と清水でしたが、このときはセントラル方式で3月に酷暑のタイで行なわれました(あれ?清水は場所違ったかな?)。しかもすべての試合が中1日の異常な日程でした。結果はさんざん。当然地元のタイが勝ち抜け。
こりゃまずいってんで翌年からホーム&アウェイになった。
しかし、Jリーグの日程がやっぱり異常で、特に酷かったのが、たしか05年だったかと思うけど、夏に週2がつづきさらにCLに参加してボロボロになってそれを境に横浜が転落していったんですよね。
それにくらべりゃ今年は緩いですよ。
それでもまだまだ多少の整備は出来るとは思うけど。

だからこそメンバーの編成はそれぞれのチームに任せるべきなのです。
浦和がやってるんだから川崎もやれというのは馬鹿げてます。チーム事情はそれぞれ違うのだから。ワシントンと小野をベンチに座らせておけるほど層の厚い浦和とくらべられるわけが無い。
ジュニーニョと中村はかえがきかない。マギヌンや森などもそうでしょう。もし中村が柏戦で怪我でもしたら、その時点でCLは終わりなのですから。
当然の采配ですよね。チームとして監督として与えられるべき当然の裁量ですよ。

そもそも今回の問題は、Jの1チームのスタメン構成に対して協会やリーグの幹部が文句を言う権利があるのか?ということでしょ。そんなもんないですよ。
それに、チャーター機を出した理由がおかしい。リーグにベストメンバーを出して欲しいからではなくて、本来はCLの支援のためにリーグが協力するというかたちをとるべきでしょう。そしてそれをチームがどう利用するかはチームに任せるべきなのです。

ていうか川淵だよ!てめぇACLの改革頼まれたんじゃねーのかよ!そんなこと言ってっからJチームは勝ち抜けないし、盛り上がんないんだよ。なんでそれがわかってくれないんだろう。
Posted by 2番内田 at 2007年10月03日 22:09
ナイスぶっちゃけ
Posted by at 2007年10月04日 00:09
犬飼は文句を言うならルールを作った川渕に言うべき。
グダグタなルールつくってんじゃねぇ!って
ルールを守った川崎に言うことじゃない。

Posted by at 2007年10月04日 09:27
持って回った書き方しすぎて全然「ACLの充実あれこれ」になってないよ。犬飼は川崎に謝罪すべき(ところで関係者って誰?)、リーグは過密日程の解消の努力すべき。これでだけでしょ、意見らしいものは。当り前のこと大仰に書きすぎ。
Posted by at 2007年10月04日 09:36
そう思うんならこんなところを読むのはやめて自分で「箇条書きblog」でもやれば? オレは読まないけど。
読者の多い武藤さんを腐すコメントして気晴らししてるだけじゃん。アホらしい。
Posted by at 2007年10月04日 11:29
「サポと会談も…犬飼氏は自説曲げず」
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2007/10/04/04.html
 川崎Fのメンバー大量入れ替え問題に関し、Jリーグは3日、サポーターの代表と事務局で話し合いを持った。入れ替えに理解を示すサポーターの言い分を聞いたものとみられる。しかし、ACLの城南―浦和戦を視察した犬飼専務理事は26日の川崎F批判後初めて口を開き、「ACLに出るチームが全部こういうことをしたらJリーグはどうなるのか」と、あらためて自説の正しさを主張。

武藤さんの書かれたように「犬飼氏の主張は自部門利益のみ」を裏付ける発言をされたようですよ。
Posted by k2 at 2007年10月04日 14:35
>犬飼は文句を言うならルールを作った川渕に言うべき。
>グダグタなルールつくってんじゃねぇ!って
>ルールを守った川崎に言うことじゃない。

その通りだと思います。でも、

>「サポと会談も…犬飼氏は自説曲げず」

ということで、引っ込みがつかなくなって本当に「ベストメンバー規定」強化なんて言い出されても困る。
Posted by at 2007年10月04日 16:48
いつも楽しく拝見しています。

今回もそうですが、
武藤さんやコメントを書かれる人たちで気になるのは、
なにかというと「真のサッカー人」とか「真のサポーター」
「本当の日本代表好き」など、
自分の立場、考え方が「真のうんたら」だと表現されることです。

あとは「ちゃんと見てるんですか?」(おれは見てる)
「知ってるんですか?」(おれは知ってる)的非難。
(これはコメントを書かれる方たちですね)

なぜ「自分だけ」が、「よく知って」いて、
「真」のサッカー人だ、
「真」のサッカー人はこう思うんだ
と主張する必要(や論拠)があるんでしょう。

「真」のサッカー人とやらを代表せず、
おれはこう思う(けどキミはどうよ?)、で十分だと思うのですが。

「サポーターを代弁する」犬飼氏的主張ですよね、それって。
Posted by ロビン at 2007年10月04日 19:07
自分を信じられない人間が
他人を信じられるのかい?
Posted by at 2007年10月04日 19:41
最後の一行で台無し。
でも、試合を見なければスタに来なければ、何も言えないとうそぶくサポが多すぎるのは本当だし辟易するけどね。
Posted by at 2007年10月04日 20:32
浦和が決勝に進むと相手はイランかUAE。
11月7日(水)にアウェイ、11月14日(水)にホーム。
その間に挟まるJの試合は11月11日(日)で、浦和の相手はなんと川崎F。会場は等々力。

犬飼氏はこの日程に気がついているだろうか?
Posted by at 2007年10月04日 20:44
>武藤さんやコメントを書かれる人たちで気になるのは、

自分がブログ主や他の読者よりも高みに立っているようなコメントを書くひとはたくさんいるけど(そういうヤツ大嫌い!)、武藤氏はあんまりそういう書き方をしていないと思います。
Posted by at 2007年10月04日 21:00
川崎Fの社長はとっくにチェアマンとも専務理事とも会話して、「お互いに非があった、申し訳ない。」とのコメントを出している。
なんと紳士的な対応であることか。

専務理事とキャプテンは「すみません、『ファンのため』とか調子こいてました。」となぜ言えないのだろうか。川崎Fのサポーターはわざわざ署名までして「あなた方の発言にファンは反感を持っています。」と伝えたというのに。
Posted by at 2007年10月05日 01:07
オシムがエジプト戦でACLの疲労を考慮して浦和勢を召集しないことも考えてるみたいですね。これじゃあスタメンから高原や俊輔などとも足せば阿部や闘莉王など主力が半数以上いなくなることになり、明らかに全力ではないと言える事態だと思われます。
これについて犬飼氏や川淵氏はどう思うんでしょうか。

彼らの考え方からすれば批判すべきだと思うのですが…オシムには強気に出れるか川淵。
Posted by at 2007年10月05日 02:28
Jリーグは日本代表の強化のために存在するという前提があるから、代表監督が強化のためにベストだと考えるメンバーを自由に選出する。つまり建前上は親善試合程度では誰を選ぼうが問題ない。大きな大会になればスポンサーも協会も広告効果や結果がほしいんで、誰を呼べとか、ひも付きの選手を使えとかいうけど。

っていうかおまえ何時までACL敗退ひきずってるんだよ。一週間過ぎたぞ。こんなとこにくだらないこと書き込んでいても次の試合勝てねえよ。
Posted by at 2007年10月05日 05:51
さて、札幌 東京V 京都 仙台のJ2上位4チームが、天皇杯で主力メンバーを温存し、3回戦で敗退したわけなのですが(勝ったチームは、それぞれTDK・HONDA FC・明治大学・順天堂大学)。

これは川淵さんや犬飼さんの立場から言うとOKなのでしょうか?武藤さんやサポの皆さんの意見も伺いたいです。
Posted by カノ at 2007年10月07日 17:10
どのクラブも、Jリーグからの特別支援を受けてないし、スタメン8人を前節から入れ変えてないし、サテの選手でベンチを固めてないし、0-4でフルボッコされてるわけじゃないから問題ないんじゃないの?お前みたいな気持ち悪いサポもいないみたいだしさ。
Posted by at 2007年10月07日 22:21
天皇杯に”ベストメンバー規定”は適用されないので、誰が出てこようが全く問題はないですし、J2上位4チームはJ1昇格が最優先なので賢明な判断だと個人的には思います(今回、J2上位4チームのスタメンで、直前のリーグ戦にも先発したのは2人のみ、とのことです)。ただ、J2のサテは学生よりも下なのか?というと、ちょっと悲しいような気もします。そして、何よりもこの日程に問題があるのは明らかなので、議論の余地はあるかな?と思ったのですが。

■東京Vに勝ったホンダFC・石井「なめてるのかというのもあった」大幅選手入替えで議論必至■
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2007/10/08/01.html

あ、ちなみに私は地理的条件上、愛媛を応援してしいますので(サポではありません)、浦和や川崎に対して特に深い思い入れがあるわけでもございません。悪しからず。
Posted by カノ at 2007年10月08日 08:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/58580067

この記事へのトラックバック