2007年11月19日

ボスニア語での激励

(1つ目のボスニア語の字化けを修正しました。2007年11月20日 7:00)

 私はボスニア語など、全く知らない。
 ただ、ボスニア語に造詣がある友人を持つくらいの、人脈は持っている。その友人が、彼女の友人であるコソヴォ人の、さらに友人のボスニア人に教えてもらったと言う、重要なボスニア語をいくつか(ややこしいな)。

 水曜日のサウジ戦がよいのか、通常のJがよいのか、判断には迷うところだけれども、興味ある方は、ダンマクにするなり、ゲーフラにするなり、以下のコンテンツを利用下さい。
 いや、そこまで大仰な事をする必要はないな。ちょっと時間がある時に、心を込めて、自分のノートなり手帳に書いてみませんか。

 「最大の峠を越した」と言う日本協会の発表を聞くと、ついついあるいは「ベンチにも」と言う身勝手な思いが出てきてしまう己が情けない。
 とにかく、とにかく、あの笑顔を。

>>>>>>>>>>>>>>

「神の御加護を」
⇒ Bog nek' te cuva!
(cuva の c の上に例のハーチェクのvが付きます。)

「私たちはいつもあなたのことを思ってます」
⇒ Uvijek mislimo na tebe.

「安心して治療しててください」
⇒ Nista ne brini i koncentrisi se samo na svoje ozdravljenje.
(koncentrisi のsの上にはvが付きます。の「ハーチェク」ですな)

「早く良くなりますように」
⇒ Brzo nam ozdravi!
posted by 武藤文雄 at 23:30| Comment(13) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ありがとうございます。使わせていただきます。
Posted by D at 2007年11月20日 21:20
私は旧ユーゴで通訳稼業をさせていただいている、富永正明と申します。木村さんのご紹介にあずかり、このたびのボスニア語(正確にはセルボクロアチア語ですね)のご表記に関しまして、コメントさせていただきます。お書きの表記ではすべて監督に対して「君」「お前」という表現で言葉を投げかけることになってしまい、所謂「タメ口」になってしまいます。現地ではフレンドリーさを表す表現として受け入れられていますが、サポーターの方々からでしたら、やはり「尊敬語」をご使用されるのが良いかと思います。つまり、teはVas,tebeもVasという風に変えられたほうがいいでしょう。私も旧ユーゴの誇りであるオシム監督の一刻も早いご回復をお祈りいたしております。武藤さんのお願いが通じるといいですね。
Posted by at 2007年11月20日 21:24
富永様

せっかくですから、セルボクロアチア語での正しい表現を書いてくださるとうれしいのですが……お手間ですが、よろしくお願いします。
Posted by とおりすがり at 2007年11月20日 22:42
武藤様、富永様

ありがとうございます。私も使わせて頂きます。
ただ、ジェリェズニチャルのスタジアムに「Osime, volimo te!」という弾幕が掲げられている写真を見たことがあります。同じサラエボ人であるサポーターからのメッセージだから、「君」「お前」という親称を使うのも不自然ではないということなのでしょうか。日本人の私達としては、やはりViを使った方が良いのでしょうか。また、とおりすがりさんも書いてらっしゃるように、上記の文の動詞の活用も正しく直して頂けないでしょうか。質問・お願いばかりで申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。
Posted by 弾幕作りたいです at 2007年11月20日 23:15
武藤様 富永様

ありがとうございます。
教えて頂いた言葉で、オシム日本代表監督宛のお見舞いハガキを作っているところです。
こんなことしか出来ませんが、すこしでもオシム監督と御家族の励みになれば、と思っています。
Posted by kettsu at 2007年11月20日 23:47
主人がボスニア人です。武藤さんの載せられたもので大丈夫だそうです。

あと、主人いわく、ボスニア語=セルボクロアチア語ではないそうです。はたから見てるとかわらないように見えますが、当人たちは違うそうです。
Posted by yucco at 2007年11月21日 00:13
富永です。僭越ではありますが、ここに掲げられている4つの文章を書かせていただきます。
Nek Vas pomaze (あるいはcuva) Bog.
Uvijek mislimo na Vas.
Nista ne brinite, i koncentrirajte se samo na svoje ozdravljenje.
Brzo nam ozdravite.
です。オシム監督も日本人および日本をかなり愛されていると伺っております。ボスニアのサポーターの方々はtiをあえて使い、親しさを表す文化ですが、私たち日本人はあえてViを使い、今までの監督の日本サッカー界に対する業績に敬意を表するのも、また一つの文化だと思います。監督の一日も早いご回復を皆さんでお祈りしましょう。
Posted by at 2007年11月21日 03:04
富永様、yucco様

ご指摘ありがとうございます。
私の友人も、yucco様のご主人様と同じ考えで、「オシム氏に対しては『ある程度の親しさ』があってよいので」との事でした。
一方で、富永さんがおっしゃるように、日本人の我々からすれば、「敬語的」な表現もまた妥当なのだと思います。
Posted by 武藤 at 2007年11月21日 09:25
富永様

自分の国の文化を主張するのと、当事者の国の文化にならってメッセージを出すのは、今回の場合、後者が正しいと思います。へんに敬語にすると、それを見たボスニア人のご家族が社交辞令に取るかもしれません。ここは、武藤さんのご友人の友人であるコソヴォ人の、さらに友人のボスニア人の作った文章で行きましょう。日本人通訳よりもボスニア人のほうが、ボスニア人の心情はわかってると思います。僭越ではありますが、意見をいわせてもらいました。
Posted by 私も通訳家業ですが at 2007年11月21日 15:15
オシム著書「日本人よ!」を翻訳し、クロアチアでサッカージャーナリストをしている長束と申します。志半ばにして思わぬ病気で倒れてしまい、本当に残念であります。
ちょっとしたところを指摘しますと、3番目の文章のNistaのsの上にもvが付きます。
また以下はボスニアの新聞「アヴァス」の記事ですが、読者のコメントでは「Ne daj se Svabo!」(諦めるな、シュワーボ!)がよく使われています。
http://www.dnevniavaz.ba/sport/fudbal/osim-dozivio-srcani-udar

> 富永様
長く通訳家業をされている割には誤りがあるので指摘します。
Nek Vas pomaze Bog.ではなくて、Nek Vam pomaze Bog.です。
あとサラエボでは"koncentrirati"ではなく"Koncentrisati"を使います。
Posted by 長束恭行 at 2007年11月21日 22:32
考え方は人それぞれとは思いますが、思うところを。

ご本人に直接出す手紙などでしたら敬語的な表現の方が相応しいかと思いますが、スタジアムでの横断幕やゲーフラでしたら、親しみのある表現の方が似つかわしいように私は感じますね。日本でもこうした媒体には、「私たちのオシムさん」より「俺たちのオシム」のような表現が使われることが多いのでは。
Posted by bvc at 2007年11月22日 03:05
勇退になりましたね。
元気になればそれでいい。
この1年に学んだことは大きい。
ありがとうオシム。


>長く通訳家業をされている割には誤りがあるので指摘します。

どうでもいいんだが、言い方考えた方がいいよ。失礼な言い方だと思うぞ。あなたの印象が著しく悪くなる。<長束恭行さん
Posted by ぴくCマニア at 2007年11月22日 09:42
ありがとうございました。
ボスニア語での文章、
使わせていただきました。
何もできないけれど、何かしたい。
そう思う私の気持ちをこめて
使わせていただきました。

Posted by あやせ at 2007年11月24日 22:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック