2008年03月22日

五輪代表強化への提案

 アンゴラA代表戦を控えた五輪代表メンバが発表になった。ワールドカップ予選があるためJ1が休みになるし、インタナショナルマッチデーだけに強い国が呼べると言う意味でも、五輪代表の強化試合にはよいタイミングだと思う。

 しかし、現実的な強化は非常に難しい状況に陥ってしまっている。
 反町氏が予選を勝ち抜いた基本メンバは、おおむね西川、山本、内田、青山直、水本、伊野波、細貝、梶山、本田拓、青山敏、柏木、水野、本田圭、家長、平山、李、岡崎と言ったあたり。2軍対応、3軍対応の試合があり、相当数のメンバを招集しているが、実際に重要な試合で使った選手は案外少ないし、オプションもそうある訳ではない。
 そして、これらのメンバのうち、本田圭と水野は海外クラブに移籍(本田圭はオランダの中堅チームに加入した事もありレギュラとして活躍しているが、水野はよりによって欧州のトップクラブに加入したため試合出場機会すら得られていない)、内田、水本はA代表に召集(反町氏は起用の機会がなかったが安田もA代表)。つまり、中核選手が相当選考しづらい状況にあるのだ。また、予選終盤に攻撃の切り札として活躍した柏木と家長は体調を崩しまだリーグ戦にも登場できない状態にある。
 さらに6月には集中的にワールドカップ予選があるため、J1は休みにはなるが内田、水本、そして安田の招集は難しかろう。加えてオーバエージについても、A代表選手を北京に連れて行こうとするならば、6月のワールドカップ予選終了後に、呼ぶしかない訳で、もうこうなると事実上「ぶっつけ本番」で北京に臨むしかない状況と言えるかもしれない。
 アトランタ、シドニー、アテネの各五輪に関しては、予選段階でほぼチームが固まっていた(もっとも、アトランタでの西野氏は中心選手の増長に悩み、シドニーのトルシェ氏はオーバエージの服部の離脱に苦しみ、アテネの山本氏は完成しつつあったチームに新しい選手を大量に招集し続け自滅したのだが)。それらに比較すると、反町氏が迎える深刻な事態はおわかりいただけると思う。7月までまともなメンバ招集ができないのだ。

 では反町氏はどうすべきなのか。
 私はとにかくオーバエージを固定すべきだと思う。それも岡田氏がA代表に招集していない顔ぶれで。幸い、今の日本はA代表に選考されていないものの、能力、経験でA代表のレギュラと遜色ない選手をJリーグから探す事が可能なのだ。
 ではどのポジションにオーバエージを使うべきか。今回の五輪代表の特長は、GKとDFの人材が豊富な事。西川はA代表に選考されても不思議ではないし、水本(最近この男に触れる機会が多いな)と青山直の存在感は抜群だ。内田と安田についても語る必要はなかろう。後方のオールラウンダ細貝と伊野波の存在も心強い。さらに田中裕、森重、(反町氏の好みではないようだが)河本、吉田さらに増嶋と言ったJで実績を残した守備者が多数いる。また攻撃的なMFも多彩。欧州でどうなるかは不安だし、多々課題はあるのだが、水野と本田圭は常にこのチームの中核だった。そして、負傷離脱中だが柏木の能力は抜群だし、梅崎も香川もいる。家長も間に合うかもしれない。
 一方手薄なポジションを考えると、言うまでもなく最前線とボランチだろう(ボランチに関しては、谷口と言うリーグ屈指の名手がいるのだが、反町氏が谷口を嫌いなのだろうから仕方がない)。そう考えると、今度のアンゴラ戦に明神、小笠原、寿人を選考すればよかったように思う。3人ともリーダシップ、勝利への献身、責任感、申し分なし。特に寿人は(復調すればだが)柏木とのセット起用と言うメリットもある。そして何より、岡田氏にも迷惑をかけない。

 この3人を軸にすれば、ボランチのバックアップを含めた最終ラインと攻撃的MFは上記した面々で問題ない。FWも寿人がいれば、労働型の李と岡崎を併用し、萬代(今回呼ばれるのではないかと期待していたのだが)なり豊田なり平山の復活なりを考慮すればよいだろう。もちろん、森本と言う飛び道具も考慮可能だろうし。

 まあ私の提案は1つのたたき台と思ってもらえばよいが、とにかく本大会まで準備の時間もほとんどないのだから、あまり手を広げない事。Jでガガ〜ンと伸びてきた選手はさておき、チームの中軸を固める事が何より大事だと思っている次第。
 ついでにもう1つ。6月に岡田氏が上記のオーバエージ候補の3人をA代表に呼びたくなったならば、それはその時に考えればよい、その場合は稲本と中田浩二と...あと1人は...













 久保はどうでしょうか。
posted by 武藤文雄 at 23:00| Comment(7) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
岡田監督に迷惑はかけなくてもクラブには死ぬほど迷惑です。
五輪なんかに大事な大事な主力選手を早々出せるわけないです。

リーグ中断が無い時点でオーバーエイジは諦めた方がいいと思います。
Posted by 鹿 at 2008年03月23日 06:31
勘弁してください・・・。
Posted by サンフレッチェサポ at 2008年03月23日 08:58
デカモリシは基本メンバに入ってないんですかね。
それどころか名前も挙げてないようですし。
内田や柏木と同時期に呼ばれて使われた気がするのですが。

それより五輪に乗じてライバルの広島の戦力を少しでも落とそうとしていませんか?(笑)
Posted by at 2008年03月23日 10:17
召集されて迷惑とかここで言うべきことじゃないだろ。ここではあくまでも五輪代表の強化のためにどうするかという視点で言ってるんだから。
それにしてもいつからJはこんなタコツボになっちゃったんだろ。
Posted by M at 2008年03月23日 11:21
反町氏のこれまでの行状を見る限り、
今回の五輪代表が成功(トーナメント進出くらいかな)する確率はきわめて低く感じられる
そんなものにオーバーエイジを投入してまで注力する価値があるのだろうか?

国際試合における強化の場と割り切るなら、
オーバーエイジもA代表経験者もいっそ必要ないのではないか?

また、かの国はチベット蜂起という極めて大きな問題を抱える
国としてボイコットする必要はないが、選手個々の判断は別だ
まあ…参加した事を後悔する大会にならなければいいが…
Posted by u at 2008年03月23日 21:44
日本サッカー協会が反町氏を更迭しなかった経緯から、ぶっつけ本番になってしまうのは、去年からわかっていたことです。ただ、期待されてない方が良い結果になることもあります。

たしかに、中盤の底に黒子、汗かき役が入るとしまりますが、クラブは独走状態ならまだしも、必ず難色を示すでしょう。
Posted by 徒然 at 2008年03月23日 23:37
今度こそ啓太を五輪に連れて行ってやりたい気もするが。
それがたたってW杯予選に影響が出ると元も子もないけれど。
Posted by ma at 2008年03月26日 11:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック