2008年03月27日

正当な敗北

 負けた事は非常に悔しいが、結果論だ。幸い、取り返せる予選方式なのだし。負けた事以上に悔しいのは、「戦う気持ち」で明らかに劣勢だった事だ。失点場面はその典型、妙にファウルをアピールして易々とセンタリングを許した阿部、全く言い訳の余地ない不用意な飛び出しをまたも見せた川口。あの終盤の難しい時間帯に経験豊富な2人が軽卒と言うか、フラフラしたプレイを見せた事が悔しい。これこそ「戦う気持ち」欠如の典型的場面だった。
 バーレーンの激しいフォアチェックに押され、安易な蹴り合いに終始したのも、「戦う気持ち」が足りないから。(遠藤が不調でスタメン落ちしたのは確かだが)あれだけ厳しいチェックでボールをつなぐためには、運動量と言うよりは1つ1つの動きの質(ボールを受ける体勢の修正)が必要だが、日本の強みであるそれが発揮できていなかった。先日の中国戦でやれていた選手たちがやれないのがもどかしい。
 一方敵は、後半半ばには複数の選手が足をつるくらい奮闘していた。敵の奮闘は見事だが、逆にスタミナ切れを起こしているのだから、しっかりとボールを回せるはずなのに、失点の時間帯まで楽な蹴り合いを継続。確かに阿部と川口があのようなミスをしなければ、そのまま0−0で終わった可能性も高い試合だったから、無理をしないのは間違っていない。しかし、サッカーは何が起こるかわからないのだ。無理な攻撃をしかける必要はないが、しっかりとボールを保持し、自分たちのペースを維持はしなければならない。それをしないから、あのような不運(と言うよりは自滅だな)に襲われるのだ。
 さらに悔しいのは、失点後の攻撃。ようやく丁寧につなぎ始め猛攻。センタリングに対しても、次々と選手が飛び込む。できるのならば、失点前からやってくれ。確かに失点後はリスクをかけやすくなったのは確かだが、「戦う気持ち」がようやく失点後でてきたとしか言いようのない変化だった。

 要はバーレーンに対して、「リスペクト」に欠けていたのだ。これほど「戦わない」日本代表は記憶にない程だ。だらしなかったのは選手達だが、そのようなプレイをさせてしまった岡田氏の責任も重い。
 それにしても悔しい。
posted by 武藤文雄 at 01:46| Comment(22) | TrackBack(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>これほど「戦わない」日本代表は記憶にない程だ。

同意。

個人的には、公式試合の観戦歴中ワーストかも。
Posted by at 2008年03月27日 02:10
岡田監督の責任は重い、同感です。
これが「戦術マニア・岡ちゃん」の限界なんでしょうか。
欠けたピースのかわりを探すことに躍起になりすぎて
肝心の戦いにむけての集団としての意思統一作業がなかったというか。
中国戦ではあれほど冷静さと熱さを両立させた高いレベルの集団としての戦闘意識が見えていたのに・・・。
まあ選手も選手とも思いますが、この試合はやっぱ大将が選手を焚き付けてない。
オシムはこの試合をどう見たのでしょう。
Posted by とし at 2008年03月27日 02:22
「戦わない」という精神論以前に
あの中盤の"無さ"はなんなんだ?
アンカーの鈴木、使われるタイプの山瀬はともかく
中村のゲームコントロールがあの程度だとは…
もちろん責任は監督の危機管理(選手選考)にあるのだが…
ポンテ、長谷部を欠いた今季の浦和を見る様だった。
CB三人のうち一人しか身長の高い選手がいないのも?
Posted by u at 2008年03月27日 02:31
敵への「リスペクト」については講釈師殿もまた欠けていた気がしますが如何?
ま、みんな同じか。
Posted by 海外組 at 2008年03月27日 03:25
これほど魅力的でなく、かつ、点が取れそうにない日本代表を見た記憶がない。
失点後は少々マシになったものの、それでも、決定的な場面はほとんど作れず。
それ以前があまりにひどかったから相対的に良く見えただけかも。
後任の監督を探し始めたほうがいいかも。
マジで心配になってきた。
Posted by 直 at 2008年03月27日 03:27

いつもながら、武藤さんに全く同意見です。
今日の試合は、戦術や個人の技能以前の問題だと思いますが、
岡田監督と選手だけに責任を押しつけては解決しない、
根深くて大きな問題なのだと思います。

選手の顔つきとか見てるとJリーグの方が、
気合い入っているように感じます。
それはそれで健全なことなのかもしれませんが。

ジーコの頃からの、こういう、
代表軽視の雰囲気はどうしてなのでしょう。
確かに観戦する側も、10年前に比べると力の入り具合が
足りない気がします。僕が年食ったせいかもしれませんが。
日本代表の試合が多すぎるからなのでしょうか。
ここでバーレーンに負けるくらいの方が面白くなる。
心のどこかでそんなことを感じている自分がいなくもない・・
そんな僕が、選手に戦う姿勢が無いと責めることは
できないのかな。なんてことも考えました。
Posted by あお at 2008年03月27日 03:31
前回の韓国戦後「アンチにならざるを得ない」と書いた者です。前回は岡田監督を支持、今回は不支持の人が多いようですが、私は前回が底で今回は岡田監督らしいオーソドックスな試合運びだったと思います。横浜でもああいう采配をしていたし、本来ああいう持ち味の監督であるのは分かっていたはずです(ですから協会が岡田監督に就任依頼をした時に一部で疑問をもたれていたわけで)。オシム流にいうのならば、がっかりするのはありのままにみないで過大に期待をするからであって、だからきちんと等身大に物事を見ることが大事。ということですので、今回は勝敗を別にすると、がっかりはしなかったです。むしろ今回は岡田監督らしい試合をしての結果ですので、前回より冷静に見ることができます(前回はそこも含めてひどかった)。「戦う気持ち」についてですが、これは日本人というのは言われたタスク以上のことをするのが苦手(中田英のような例外を除いて)なのですから、監督の指示以上のものが出てこないのは仕方ないと思いますよ。逆に指示されたことはきちんとやりきる人達ですから(だからオシムサッカーの浸透も早かった)、そちらのほうに着目してこれからのことを考えるべきです。
さてこれからですが、結論からいうとオシムに総監督としてチーム指導として戻ってきてもらうか、それが無理なら育成型の世界レベルの監督に来てもらうしかないでしょうね・・・。ただ監督としての総合力でオシムより上の監督はいますが、オシム以上の育成型の監督というのはまずいませんから、できれば総監督としてチーム指導に戻ってきてほしいです。無論オシムの体のことを考えると、実戦指揮は無理なので(飛行機移動などできるはずがない)、国内合宿を多く組んで実戦指揮は岡田監督に執ってもらう。実は私は実戦指揮官としての岡田監督については、オシムよりも評価しているので、こうなればベストであると思います。むろん岡田監督にもプライドがあるでしょうから、それならやめると言い出しそうですが、オシムの指導を実際に見る(というより協力してチーム作りをしていく)ということは絶対に岡田監督にとってもプラスになることですので、なんとか話し合ってうまく役割分担できたらいいなあ、という妄想でした。はぁ。できればこれが眼前に現れんことを・・・。
Posted by せ at 2008年03月27日 05:30
いいところなしでしたね。ミスで1点取られなくても、判定があるとしたら判定負け。
負けるのを恐れて蹴り合っていたら、だんだん疲れて集中力がなくなって失点という感じですか。
バーレーンの気合と根性が勝ちを呼んだのですね。
6月に期待しましょう。
Posted by ベガルタファン at 2008年03月27日 09:15
試合開始早々に感じたのは,コンディションが悪いのではないかということ。

いつもの中盤での運動量がなく,ポゼッションも低く,ただの蹴り合いに終始。

集中力も欠けいている感じだった。

やはり戦う気持の欠如か。やる気のなさか。

深夜までテレビの前でいらいらさせられて終わり。

やはり監督の采配に疑問。
Posted by toshi at 2008年03月27日 09:19
TVの前でふざけんなと声を荒げてしまいました。

選手は自分で考えなくていいんですか。浦和を見てても感じたことだけど。何かとすぐ監督批判になるけど、選手達もまるで無策ですよ。(岡田監督は好きじゃないですがね。)

指示されたことしかやらないんですか。
縦にボールを入れて攻める、と決めたらそれしかやらないんですか。
インターバルで監督に指示もらうだけじゃなくて、選手同士で話合おうよ。修正しようよ。自分で考えようよ。受身で仕事をするなよ。アイツのせいだじゃないんだよ。アイツが悪いんならどうやって組織として勝つかを考えろよ。プロなんだから。結果残すことが仕事なんだから。

オシムも、(誤解を恐れずに言えば)ジーコもヒデも、それを言い続けてたんじゃないですか。自分で考えろ。決断しろ。責任を持て。

ある程度の型は必要なのはそうでしょう。でも最後にモノを言うのは選手が何をするかですよ。

本当に頭にきました。
能動的に戦わない奴等は去れ!と言いたいです。

Posted by TOB at 2008年03月27日 09:56
各年代代表でチームの先頭に立って勝ち負けの責任を負ってきた、そんな選手がいない。
ガチ勝負の経験不足な憲吾の試合後の表情の情けなさったらなかったよ。
あいつの頭をポンとひとたたきして迎え入れる存在が必要だ。

タレントの出し惜しみでも勝ちさえすれば良いが、負けは絶対に許されることは無い。
Posted by マチャらんど at 2008年03月27日 11:14
岡田監督はオシムとは違うんだから、
DFはJリーグでもDFとして試合に出ている選手を選んでほしかった。
 バーレーン戦を本当に大事な一戦として、選手を選んだのか疑問です。
 MFはMF同士で出場をかけて競いあってほしいです。DFが必要ないほど弱い相手と戦うならMFをDF登録するのも理解できるけど。
Posted by ひろ at 2008年03月27日 11:47
たしかに敗戦は正当ですが、そう思える心の余裕が一番あぶなかったりして。

>幸い、取り返せる予選方式なのだし。
いや、ホームのバーレーン戦はほぼ関係なくなりました。(すくなくともバーレーンには関係ない消化試合に)
日本は、あくまでオマーンとの直接対決の結果いかんです。

まだ、時間があるという認識が、実は一番危ないのかもしれません。

Posted by 徒然 at 2008年03月27日 12:31
オシムの時に出来たことが出来ないのは監督が変わったから?
選手がみんな「相手に合わせて蹴らされて・・」という話をしていますが、前監督の時には自分で考えることを教えられたような気がしましたが既に過去のものなのでしょうか。
監督の戦術以前の問題だと思います。
かなり退化してしまった感じですね。
Posted by さ at 2008年03月27日 12:33
多少は予想しましたが、あそこまで中盤レスとは。
啓太、憲剛は、遠藤がいなかろうが、自分たちで周りを使って、ボールを落ち着かせて、日本代表のサッカーを表現する「表現者」とならなければ。07年の1年間は一体なんだったのか、と。
山瀬にとっては気の毒(ほとんどボールが回ってこなかった)だけど、山瀬で攻撃が十分作れると踏んだ(遠藤でダラダラボールキープするより、トップに当ててor左右スペースへの展開から山瀬で決めるカタチのほうが安全と考えた?)のが、当てが外れたというところでしょうか。
遠藤は、ここ最近の不調のなかでは、キック精度が高かったのに、終盤の右CKを玉田が蹴っていたのは残念でした。利き足よりも精度を優先してほしかった。
あと、すでにマスコミ論調は「欧州組萌え萌え」モードのようですね。はぁ〜。
Posted by Dortmund06 at 2008年03月27日 12:50
サッカーの質も半年前と比べてガラっと変ってしまったのはなんとも寂しい限りですが…

そんなことよりも、岡田監督の人選に首をかしげてしまいました
オシムが本職ボランチのプレイヤーを最終ラインで使った理由は、たとえDFであっても、機を見て上がって攻めに絡むことが求められていたからのはず
岡田監督に代わってからの試合を見る限り、そのようなタスクは期待されていないように思えます
だとすれば、阿部や今野をDFのファーストチョイスに選ぶことに意味はあるのでしょうか
(阿部や今野の能力にケチをつけているわけでもないですし、本職のケガなどの理由もあったのでしょうが)

岡田監督のJでの指揮を振り返ってみると、札幌ではエメルソンという反則級の化け物がいたし、Fマリノスは当時のJで頂点の戦力を抱えていました
言い方は悪いですが、守備さえしっかりしてれば自然に点が取れてしまうチームだったのではないでしょうか
どうも岡田監督に期待が持てずにいます
Posted by U at 2008年03月27日 14:27
岡田氏はいったい何がしたいのだろうか?以前から意味不明な点がありましたが、今回のはなんかもう・・・・
うまい言葉が見つかりませんが、ベースとなるものが存在せずに、行き当たりばったり(臨機応変とはとても言えず)。
Posted by at 2008年03月27日 16:09
岡田監督は国際レベルで何ひとつ結果を出していないあまりにも無能な指揮官。
彼に任せた時点でこの結果は予想出来ました。
今のままいけばオマーンにも負けてホームでバーレーンにも負けて終わりというのは充分考えられるシナリオだと思います。
Posted by 竜 at 2008年03月27日 17:56
深夜に思わず「バカヤロウ!」と大声を出してしまいました。(隣の家の人、ごめんなさい)

岡ちゃんになってから、試合内容がつまらなくなった気がしてなりません。
(勝敗は別として)
3次予選はこれで凌いで、最終予選はオシムさん再登板イケませんか??
彼の強靭な精神力と体力なら・・・だめかなあ(ToT)
Posted by gani at 2008年03月27日 19:56

完全に相手に試合をコントロールされていましたねぇ
本来だったら余裕をもって戦ってもいいハズなのに。
(戦績では日本が遥かに上)
岡ちゃんも選手も相当テンパッていたのでしょう、
普段できている事が全然できていなかったので。

歴史とか戦術とか技術とか肉体とか以前に
日本代表はセルフコントロールができていないのでは?
少しだけ相手を過小評価し、もっと自分達に自信を持てば心に余裕ができるのではないでしょうか。

まあ、ここまできたら逆に追い詰めるだけ追い詰めたら、開き直ってうまくいくかも?


さあっ!初っ端から盛り上がってきました!
Posted by にょろにょろ at 2008年03月28日 00:08
だからといって
今の日本は負けた方がいい
みたいなメンタリティに陥ることには
注意しましょうね。

それじゃ、ドーハの頃から変わっていないのだし。
Posted by 五反田西口 at 2008年03月28日 01:23
たかだか一試合の結果です。欧州レベルでもこのような結果はあるのでしょうから、それほど深刻な停滞とは考えませんが、先日退院されたオシム爺さんがコメントされてたように、「もっと走れ」とかいろんな面でのプレッシャーは必要ですね。

よほどの事がない限りこの予選は通過できるでしょう。
ただ、日本が目標としているのは単なる予選通過にあらず、本体会でいかに好成績をあげるかです。
それを踏まえて叱咤激励をしようじゃありませんか。
Posted by サッカーおたく at 2008年03月28日 02:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

日本、バーレーンに負ける!
Excerpt: ワールドカップ、アジア3次予選バーレーン対日本。日本時間26日深夜マナマで行われた。ミスから日本は後半失点して0−1で負けた。バーレーンに敗れる 日本はグループ2位に後退(スポーツナビ)   日本の先..
Weblog: りゅうちゃんミストラル
Tracked: 2008-03-27 10:04