2008年04月19日

将軍松田直樹対エスパルスカテナチオ

 今日は忙しかった。朝一番で少年団の練習、ちょっと早退して坊主の中学校の公式戦を2試合(PK戦でしぶとく勝ち抜いた、坊主はまだ試合には出られないのだけど)応援したらもう夕方になっていた。これはこれで別な機会に。

 帰宅してインタネットを開くと、ベガルタはロスタイムに追いつかれての引き分けとの由、映像未見詳細不明だが、2点目取れない症候群とも言うべきか。これもこれで別な機会に。
 いささか疲労気味ではあったが、テレビ桟敷で後半からアントラーズ−ガンバを観戦。期待通り見事な試合だったが、両チームとも攻め切れず。終盤の小笠原を軸とするアントラーズの猛攻を、山口と明神を軸にしのぐガンバの奮闘が面白かった。両軍とも水曜日の勝利を期待したい。
 もう1つ。加藤久対鈴木淳と言う、宮城県出身の巨人同士の決戦は、サンガが3人退場する大乱戦になったとの事。激怒の久さんまで退席との事。この試合はちゃんと映像を見る必要があるかな。

 で、何気なく見始めたマリノス−エスパルス。中学校の試合観戦がなければ、生観戦も検討していた試合だが、これが日産スタジアムに行かなかった事を心底後悔するほどの面白い試合だった。
 まずマリノスが攻勢を取る。
 それにしても、松田が完全にチームを仕切っているのには感心した。今の松田のプレイは、守備能力の高さで中盤で敵の攻撃を切る事ではなく、攻撃の起点となっている。元々、CBから繰り出すロングパスの精度は定評のある所。いわゆるタイミングの妙がある訳でも、ラストパスとしての鋭さがある訳ではない。しかし、中盤後方から松田が悠然とルックアップし、一見無骨ではあるがコンパスの大きなドリブルから、時にサイドに散らし、時に裏に抜け出すロニーに合わせ、時に前に走りこむ山瀬の足元を狙う。これらのパスが、常識的ではあるが、とにかく正確なのだ。この松田の展開を引き出した桑原隆監督の慧眼は凄いな。元々大胆な前線への進出による攻撃参加を好んだ松田が、今マリノスで見せている落ち着いた展開を若い頃からみせてくれていれば、と恒例の松田に対する愚痴。
 この松田の展開に、新人の兵藤がフィールド上の様々な地点に顔を出し、両翼の隼磨と小宮山が上下動による強烈なプレスで、エスパルスを圧倒。山瀬のドリブルが再三エスパルス守備網を切り裂いた。
 前半半ば過ぎまでエスパルスは中盤でまともなボールキープもできない状況。ところが、枝村が負傷し、負傷上がり?の藤本が起用されると、フェルナンジーニョと藤本の技巧で、マリノスのプレスを外し、速攻で局面を打開し始める。
 そして迎えた後半開始早々。藤本のゴールに向かうCKに西澤が見事に合わせ、エスパルスが先制。藤本のボールも西澤のヘッドも見事だったが、栗原は代表候補にも選考されたのだから、あそこをフリーにしてはいけない。
 そこから、マリノスは松田を起点に猛攻をしかける。小宮山が幾度となく左サイドを崩し、大島も頭脳的なプレイで前線の基点となる。兵藤のオーバヘッドシュートは西部が見事なセービングで防いだが、この場面はGKのファインプレイとしては最高レベルのものだった。
 マリノスが崩し切れなかったのは、エスパルスの守備組織が見事だったから。市川、高木、青山、児玉の4人の強さ(センタの2人のみならず、サイドの2人も高くて強いのがこのチームの守備の良さ)はもちろんだが、本田拓を中央に伊東テル、藤本のトレスボランチが組織的に守る。フェルナンジーニョと原の逆襲時の引き出しも見事で、しばしば速攻でマリノスを悩ませる。また本田拓は、エスパルスでレギュラを獲得して以降、守備の厳しさが格段に上達した感がある。後は仕事の連続性、山瀬から1度ボールを奪うとそれで満足してしまい、次のプレイが出てこなくなるのを何とかして欲しい。
 ただし、長谷川氏は詰めを誤った。80分過ぎにフェルナンジーニョが逆襲から見事な切り返し後トーキックのいやらしいシュートを放ち、惜しくも榎本に防がれて得たCK。もはや守備を固めるべきエスパルスは、もう青山を前線に上げず、このCKを中央で待ったのは3人だけ。だったら、コーナフラッグ付近でキープすればよかろうに、フェルナンジーニョが漫然と蹴ってしまい、簡単にマリノスボールにしてしまった。さらに不可解なのは、DF岩下をFW原に代えての起用、桑原氏は清水、坂田、水沼息子と高速型の選手を交代起用し、エスパルス自体も組織的に巧く守っていたのに、なぜCBを増やしたのか。
 そして迎えた終盤のCK。大黒柱中澤の強烈なヘディングで、マリノスは追いつく。青山よ、あそこで中澤をフリーにしてしまっては...

 両軍がお互いのよさを出そうとし、お互いの悪さを突こうとした、見事な試合だった。松田の全軍支配とエスパルスの徹底した守備戦術の戦いは、とにかく面白かった。この試合を視察した岡田氏は、急遽高木を代表候補に追加招集したと言うが、納得させられる充実振りだった。

 岡田さん、ついでに松田はダメですか。寺田より若いですよ。
posted by 武藤文雄 at 23:00| Comment(5) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも楽しく拝見させて頂いております。本日は解り辛い所がありましたのでコメントさせて頂きます。
私が試合を見ていないためなのかもしれませんが『本田拓を中央に伊東テル、藤本のドイスボランチが』の所が??です。
私の解釈はここでは三人ボランチのうち伊東テル、藤本の二人を強調したいのでは?と判断しました。ならば『本田拓を中央に伊東テル、藤本の二人のボランチが』と書くべきなのではないかと。そうではなく『本田拓を中央に伊東テル、藤本のトレスボランチが』と書きたかったなのか?はたまた本田拓はCHで伊東テル、藤本がボランチなのか?
私の勝手な思いこみでコメントさせて頂きました。
Posted by 日暮 at 2008年04月20日 05:07
日暮さま

ご指摘ありがとうございます。修正しました。大ボケです。
Posted by 武藤 at 2008年04月20日 13:59
早速の修正有難うございました。これからも楽しい講釈をお願いします。
Posted by 日暮 at 2008年04月20日 22:35
いつも拝見させて頂いております。

私も(素人ながら)松田直樹の能力を大変評価しており、日本代表に返り咲くことを心待ちにしている1人なのですが、武藤さんのような著名な方が同じ意見を持って頂いていること大変うれしく感じております。

一昨日の試合は見てないのですが、ボランチ松田はかなりフィットしてきたようですね。開幕戦のころは、つなぎに入る意識がかなり低く、山瀬の負担が...と思っていましたが(笑)
Posted by nari at 2008年04月21日 22:18
松田選手は絶対必要な戦力です。

ドイツでも彼が選ばれていれば結果は変わったと思います。中田ヒデも松田がいればもっとやりやすかったと思います。あと三浦淳も。悔やまれます。
Posted by cat at 2008年04月21日 23:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック